2021年12月19日日曜日

サウルの失敗

 サウルは、イスラエルの初代の王様です。サムエルを通して主がイスラエルを治めていた時、民は周りの国々と同様、王を欲しがりました。そこで、サウルが起こされました。サウルは多くの方がまさに王だと納得するような外貌を備えた麗しい人物でした。しかし彼は、人を恐れるという弱さを持っていたのです。

 ぺリシテ人との戦いに入った時、サウルは、戦勝祈願に来るはずのサムエルを、彼の言葉通り7日間待ちました。しかしサムエルは来ず、民が離れ去ってゆくことを恐れたサウロは自分の手で全焼のいけにえを捧げてしまいました。そこへサムエルがやってきて、「あなたは愚かなことをしたものだ。あなたの神、主が命じた命令を守らなかった。今は、あなたの王国は立たない」と宣言しました。

 時は移り、神はアマレクを打ち、すべてのものを聖絶するようサウルに命じます。イスラエルがエジプトから上って来る途中、アマレクがイスラエルにした仕打ちを罰するというのがその理由です。サウルは、歩兵20万、ユダの兵士1万をもって戦い、アマレクを打ちました。しかし、サウルはアマレク人の王アガグを生けどりにし、また肥えた羊や牛の最も良いものを惜しみ、ただつまらない、値打のないものだけを聖絶しました。

 翌朝早く、サムエルにサウルが自分のための戦勝記念碑を立てたということが知らされました。サムエルがサウルに会いに行くと、サウルは「主の祝福がありますように。私は主のことばを守りました」と言いました。しかし、サムエルは「では、私の耳にはいる羊や牛の声は何ですか」と言います。「主はあなたに使命を授け、『行って、罪人アマレク人を聖絶せよ。絶滅させるまで戦え』と語られたのに、なぜ主の御声に聞き従わず、分捕り物に飛びかかり、主の目の前に悪を行ったのですか」とサムエルは言いました。サウルは、民に責任転嫁して、民は主にいけにえをささげるために最上のものとして分捕り物の中から羊と牛を取ったのですと弁明しました。主にささげるためなら、聖絶せずに残しておいてもよいだろう、というすりかえが起こっていました。サウルは聖絶せよという神のことばに従いませんでした。

 これに対してサムエルは「主は主の御声に聞き従うことほどに、全焼のいけにえや、その他のいけにえを喜ばれるだろうか。見よ。聞き従うことは、いけにえにまさり、耳を傾けることは、雄羊の脂肪にまさる」と言います。

 神が私たちに望んでいることは多くありません。むしろ一つで、それは主の御声に聞き従うということです。サウルは、自分は主に従っているつもりでいました。どうしてこんなずれができたのでしょうか。思うに信仰には2つの型があります。文字通り御声に聞き従うという在り方と、主はこうお考えだろうと類推する在り方です。多くのものが、神を知らないので後者の生き方をしています。

 両者の違いは、神と自分どちらが中心となっているかによります。私たちが、神さまのために良かれと思ったことを行うことと、神さまに聞いて、神さまが語られたことを行うこととは、似ているようですが根本から違います。聞き従いは神が中心です。私たちが受ける祝福もまた聞き従いとともにあります。サウルの失敗から学びましょう。

 「MIKOE NEWSから転載」 2021年12月19日、リンク先:https://www.mikoe-news.com/ 

2021年12月12日日曜日

神との和解

 キリストに出会う前、罪に対して私たちは、絶望的な者でした。生まれながらの罪人である私たちは、どう気をつけていても、日常の営みの中でさまざまな罪を犯してしまいます。これに対してはあわれみを乞うよりほかありません。しかし人の誰が、犯した罪を赦すことができるでしょうか。罪を詫びると隣人はあるいは許してくれるでしょう。でも、その人もまた罪を犯す同じ人間なので、罪を犯した私の罪を赦す力は持ちません。罪の赦しを取り持つのは、一度も罪を犯したことのない人物でなければならないのです。

 旧約時代は、罪のためのいけにえに子羊をとり、自分の身代わりとして屠(ほふ)りささげました。当時は、これがオーソドックスな罪の赦しであったのです。しかし、それには限界がありました。いくら羊をいけにえにささげても罪が完全に無くなるわけでなく、年ごとに繰り返しささげなければならず、返ってそのことによって罪意識は昂じました。そこで、神はご自身のひとり子であるイエス・キリストをくださったのです。イエス・キリストは、罪のないお方です。神の満ち満ちた実質を体現した神のひとり子です。私たちを贖うことができる唯一のお方です。

 そして事実、イエス・キリストは約2000年前にこの世に来られました。神であられるのに身をいやしくし肉をまとわれ、病をいやし奇跡を行い神の恵みの日が来たことを証しされました。そして、ご自身が世に来られた理由であり使命であった罪の贖いを成し遂げてくださいました。主イエスはカルバリの丘で、全人類の罪を負って十字架にかけられ、死んでくださったのです。

 しかし、この方がいつまでも死につながれていることなどありません。イエスさまは亡くなりましたが、3日目に死者の中から復活を遂げられました。ここに人類に対する贖いがなされ、救いが完成しました。キリストこそ私たちの平和であり、二つのものを一つにし、隔ての壁を打ちこわし、ご自身の肉によって敵意を廃棄されました。(エペソ人への手紙215節)死と復活という試みを通られたられたイエスさまだけが罪の赦しをなされる権威をお持ちなのです。

 こういう訳で、イエス・キリストによる贖罪が完成した今、私たちに対する神さまのみこころは和解にあります。コリント人への手紙第二5章には次のように書かれています。「神は、キリストにあって、この世をご自分と和解させ、違反行為の責めを人々に負わせないで、和解のことばを私たちに委ねられたのです」(19節)違反行為の責めとは罪のことです。もはや、それが問われることはなく、神は愛するあなたがご自分の元に帰って来るのを待っておられます。神の和解に応じましょう。 

 「MIKOE NEWSから転載」 2021年12月12日、リンク先:https://www.mikoe-news.com/


2021年12月5日日曜日

信仰、望みえない時に

  義人は信仰によって生きる、と聖書には書かれています。(へブル人への手紙1028節)クリスチャンの多くは、信仰を増し加えてほしい、信仰を通しての神のみ働きに与りたいと、そう願っているものです。聖会などで、祈りを求めて並ばれる方の多くが、信仰が増し加わることを祈りの課題として挙げておられます。

 私もそれには同感で、日々の営みの中で、つい不信仰になってしまうことが多々あります。期待するべき時に不信仰に捕らわれ、神の手を止めてしまう失敗を何度も経験しました。信じようとしない頑な心、不信仰に対しては、聖書の中でもたびたび主は嘆かれています。なぜなら、主は最善のものを用意してくださっているのに、不信仰であるがために私たちがそれを受けないで終わってしまうのです。

 信仰って何でしょう。考えてみたことはありますか。自分は不信仰だという苦手意識が感情を支配していませんか。確かにここには戦いがあります。しかし、信仰は神が与えてくださるものでもあるのです。

 ローマ人への手紙418節に、「彼は望み得ないときに望みを抱いて信じました」という一文があります。これは、直接にはアブラハムの信仰について書かれているものです。アブラハムはもう子をもうけるのは不可能な年齢でありながら、約束の子イサクを受け、更にはあらゆる国の人々の父となるという神の約束が自分に成就することを信じたのです。この信仰が大きく彼の人生を変えていきました。

 信仰は、「望み得ないときに」というこの一語に集約されています。というのも、望み得る状況であるなら、人はわざわざ望むようなことはしませんし信仰を用いることもしません。望み得ない状況で望むのが信仰なのです。ですから、私たちの信仰はおおよそ望みを得ない状況からスタートするのです。

 恐れてはなりません。信仰は全て、望み得ないという所から始まります。望み得ない状況、これが信仰の出発点となり、ここから奇跡を見、解決を見るのです。最初は誰でも疑います。信仰が持てない環境にあるかもしれません。しかしその時こそ、信仰を用いるその時なのです。望み得ない今こそ、まさに信じる時なのです。

 聖書に、「信仰の創始者であり、完成者であるイエスから目を離さないでいなさい」(へブル人への手紙122節)と書かれています。神によって始まったことは神ご自身が完成させてくださいます。私たちの望みは、神にあります。信仰をもって、神に近づき神の実を結びましょう。

 「MIKOE NEWSから転載」 2021年12月5日、リンク先:https://www.mikoe-news.com/

2021年11月28日日曜日

足を洗われたイエスさま

  ヨハネの福音書13章には、ヨハネだけが言及しているイエスさまのお姿があります。

 過ぎ越しの祭りの前のことです。いよいよ弟子たちとの別れの時が来たことを知ったイエスさまは、夕食の席から立ち上がって、上着を脱ぎ、手ぬぐいを取って腰にまとわれました。それから、たらいに水を入れ、弟子たちの足を洗って、腰にまとっておられる手ぬぐいでふき始められました。こうすることによって、イエスさまは弟子たちへの愛を示されました。

 お弟子たちは、さぞ困惑したことでしょう。ペテロは、「主よ。あなたが、私の足を洗ってくださるのですか」といいました。イエスさまは「わたしがしていることは、今はあなたにはわからないが、あとでわかるようになります」とおっしゃいました。

 ペテロは「決して私の足をお洗いにならないでください」と辞退しようとします。しかし、イエスさまが「もしわたしが洗わなければ、あなたはわたしと何の関係もありません」と語られると、今度は一転し「足だけでなく、手も頭も洗ってください」といいます。イエスさまは、「水浴した者は、足以外には洗う必要がありません。全身きよいのです」とおっしゃいました。

 これは、私たちの日々の罪の赦しに関わってくる事柄でもあります。イエスを信じ罪の赦しを得た私たちですが、罪自体がなくなったわけではありません。原罪を持ち、生まれながらの罪人である私たちは日々犯してしまう小さな罪があります。それが足につく汚れで、それをも拭ってくださるという意味もあるようです。

 また、同1415節にはこう書かれています。「主であり師であるこのわたしが、あなたがたの足を洗ったのですから、あなたがたも互いに足を洗い合うべきです」「わたしがあなたがたにしたとおりに、あなたがたもするように、わたしはあなたがたに模範を示したのです」

 こうしてイエスさまは、世にある私たちにご愛を示されました。そこに見えるのは、謙遜の姿です。

 主イエスにならい、互いに赦し合うこと仕え合うことを、イエスさまは体をもって教えてくださったのです。このような形で、神、主イエスは私たちにご愛を示されたのです。

 愛を示すということは大切なことです。私は、クリスチャンとしては家族の初穂です。しかし未熟であったために、遅れて信仰を持った父に律法をあてがい、裁くようなことばかり語っていました。すると、ある神の人から、父が神さまの愛を分からないで戸惑いまた傷ついている、だからあなたは神の愛で接し、お父さんにキリストの愛を示していきなさい、という勧めを受けました。これを実行した時、父も私も変わりました。赦し赦され、口先だけでなく、熱心に愛し合う関係になりました。

 神は愛です。赦すために主は来られたのです。この愛のうちに留まり、互いに足を洗い合いましょう。そうすることによって、神は栄光をお受けになられます。

 「MIKOE NEWSから転載」 2021年11月28日、リンク先:https://www.mikoe-news.com/

2021年11月21日日曜日

時代 

 教会の修養会の帰りに、芥川賞作家の重兼芳子先生に渋谷の大学まで車で送っていただいたことがあります。小説家は憧れの職業であったので、どうすれば小説家になれるのか聞いてみました。すると、意外な答えが返ってきました。

 時代が変わったからだ、というのです。昔は作家の弟子に入ったりした、ごく限られた人しか小説家になる道がなかったけれど、今は誰でもやろうと思えばできる。音楽も昔は一部の人しかできなかった職業だったけれども、今は誰でもできるようになっている、それと同じことなのよと話してくださいました。

 それから、三十数年、さらに世は大きく変化して行きました。特筆すべきは、ネットを通しての働きです。世は、情報社会になりました。テレビ局など一部の人しか扱うことができなかったメディアの働きですが、今ではスマホや端末を用いて、誰でも瞬時に情報を世界中に発信することができます。「YouTuber」や「ブロガー」として収入を得て、暮らして行ける時代なのです。

 とはいえ、良いことばかりではありません。情報は生き物で、それを掌握するものは巨大な力を持つからです。一見、言論の自由を得たように見えますが、実は反面、強い管理のうちにあり、いともたやすく情報統制がなされる時代となっています。

 そして世界は今、民族や国境の垣根を超えて、ひとつの政府になろうと、産みの苦しみの始まりを迎えています。このことに関しては、聖書はこと細かに述べています。そして、この世界政府の頂点に立つ人物こそ、まさに反キリストであると言われています。反キリストは情報を掌握し、心の赴くままに曲がった情報を流し、民心を掌握します。彼は人気者となり、終には自分を神だと宣言します。そして、真に神に聞き従っているクリスチャンを憎み、迫害します。

 今回、コロナウイルスの世界的な大流行が起こりましたが、これは私たちを眠りから覚ます神の手となりました。コロナ禍は象徴的な出来事です。コロナは国境を越え拡がりました。これを時として、時代が変わったのです。顧みればお金も電子マネーにうって代わろうとしていますし、マイナンバー制への移行が世界的に推し進められています。体内にチップを埋め込むことはもう現実のこととなっています。反キリストは、いよいよ表舞台に出て来るでしょう。時は、終末を指し示しています。

 こういう訳で、時代に飲み込まれないよう、しっかりと神に目を向け、目を覚ましていましょう。神を避け所としなければ、乗り越えられない困難がこれから次々に起こってきます。しかし間もなく再び主が来られます。主は王として来られ、私たちを永遠の住まいに、天国に導いて下さいます。こういう訳で、私たちは主がいつ来られてもいいように、日々救いの達成につとめましょう。

 「この御国の福音は全世界に宣べ伝えられて、すべての国民にあかしされ、それから、終わりの日が来ます」(マタイの福音書2414節) 

 「MIKOE NEWSから転載」 2021年11月21日、リンク先:https://www.mikoe-news.com/

2021年11月16日火曜日

 宗教

 私は、宗教が大嫌いでした。本当に嫌いです。しかし、元から嫌いであったわけではありません。むしろ好きなほうで、いろいろな本を読み、信心は持ち合わせていた方です。中学生の時には母の代理で、ある宗教の総本山に行きました。

 その総本山に行ったことを機に、「鰯の頭も信心から」ということわざから、信じる対象は何でもいいわけだから、思い切ってこれを信じてみようと決め、タスキを掛けました。そして教えられた通り朝夕のお勤めをして信徒になりました。しかし、その姿を叔母に目撃されてしまい、真夜中に父が怒りに燃えてやって来て、私を起こし拳で打ちました。

 これは魂に大きな傷を残した出来事で、これを最後に私は、ありとあらゆる宗教を嫌うようになりました。また、宗教に対して疑問も感じていました。信仰にお金が絡んでくることです。1人につきいくらという供養料を払うようになっていて出費や負担が大きいのです。人の弱みを食い物としているように見え、こんな宗教とは一生関わりたくないと思いました。その宗教ばかりでなくすべての宗教を封印し、一生無宗教で生きよう、と堅く決心しました。

 このように私は宗教嫌いを誓っていたのですが、その後、青天の霹靂で、何と私はクリスチャンに、宗教家に、なったのです。キリスト教の牧師である夫の妻として、今に至るまで三十数年間を神の教会で神に仕えて過ごしました。この展開は人生の不思議さを表し、頂いた救いは神さまの深い恵みです。18歳になった時、神は人手によることなく私を新しくしてくださり、私はイエス・キリストを救い主として信じました。お金で買えない真の救いに与り、この出会いに背かずこの道に進みました。

 今、私の回りにいる人々は、子育てを終え、老親や伴侶を天に送り、自分の時間ができた人が多いように思います。人生の完成を考える年頃であり、再び宗教を考える時に来ています。知人たちは、宗教に関心を持っています。教会にも来ますが、いろいろな宗教にも足を向けています。何かに祈りたいという気持ちや、近づく死に対して、備えや確信を得たいと願ってのことでしょう。

 人には宗教は必要でしょうか。かつてはノーと言いましたが、今は人と宗教は分かつことのできない関係であるというのが私の確信です。伝道者の書511節には「神はまた、人の心に永遠への思いを与えられた」と書かれています。人は生まれながらに神を求め、永遠を求めるよう造られているのです。また、「あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ」(同12章1節)とも書かれています。

 それ故、どうかあなたの救いの達成につとめてください。今がその時です。世界は未曽有の患難に突入しようとしています。あなたは今、神を知ったかもしれません。しかし、神は世が始まる前から、あなたを知っておられ、あなたとあなたの人生を用意してくださいました。イエス・キリストを下さった御神の愛こそ私たちの住まいです。神の元に帰りましょう。

 「MIKOE NEWSから転載」 2021年11月16日、リンク先:https://www.mikoe-news.com/

2021年11月10日水曜日

新しい人

 コリント人への手紙第二に、次のようなことばがあります。「だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました」(517節)

 その通り、誰であれ御子イエス・キリストを信じ、自らの救い主として心にお迎えする人は、新しく造られた者です。なぜなら、その人はイエスを信じることによって「救い」を受けたからです。今から約2000年前、イエス・キリストが世に来られ十字架で死なれたのは、私の罪を贖い赦すために私の身代わりとなって死なれたのであり、またイエス・キリストが三日目に死からよみがえられたことによって、人類は死に勝利し、信じる者は誰一人として例外なく永遠のいのちを持つようになりました。それまでは、罪過の中に死んでいた何の望みもなかった私たちですが、キリストが来られたことによって、すべてが一新されました。古い私は過ぎ去り、すべてが新しくなったのです。

 新しくなった、というのは古いものが過ぎ去ったということです。そしてこれはイエス・キリストによって実現しました。キリストを信じる以前の私は、世にあってさまざまな悩みに縛られていました。端的に言えばサタンの支配の中にいたのです。自分で自分を救うことはできません。そういう点では、囚われ人であったと言えるでしょう。

 しかし、キリストが来てくださったことによって、できないことができるようになりました。その最も大きな出来事は救いを得るというものでした。罪からのきよめ、死からの復活、病のいやし、悪霊からの解放、問題からの解決を頂きました。目には見えませんが、私はキリストにあって、新しく生まれたのです。

 新しくなったということで最も大切なのは、サタンの支配から神の支配へと移されたということです。私たちはサタンの支配下にありましたが、イエスを信じることによって神の、御父の支配のもとに置かれるようになったのです。

 ある時、私は牧師に聞いたことがあります。サタンに攻撃されたり、支配されたりすることが不安だ、というものです。

 それに対して、牧師は「新しいあなたに対してサタンは何の手出しもできませんよ」と言いました。本当にその通りなのです。キリストにあって新しく生まれた者に対しては、どんなにサタンが攻撃の手を尽くそうとも効き目がないのです。十字架のイエスさまは、真実、私たちを贖ってくださったのです。

 新しい私は、完全な罪の赦しを受けています。また、聖霊の導きの中に生き、死から命へと移っています。恐れることはありません。サタンはもはや敗退し、信じる者はキリストの支配のうちに置かれています。この素晴らしい救いにあなたもこの瞬間から加わることができます。見よ、すべてが新しくなりました。

 「MIKOE NEWSから転載」 2021年11月10日、リンク先:https://www.mikoe-news.com/