2021年4月13日火曜日

 リバイバル

 皆さんは、リバイバルという言葉を聞いたことがありますか。そう、名作映画を再び上映する時に、リバイバルと言います。復活や再流行というのが辞書的な意味であり訳語です。

 教会でもリバイバルという言葉は用いられています。信仰の刷新というのでしょうか。くすぶっていた信仰を再び燃え上がらせる聖霊の力強い注ぎかけを言います。そして、それは個人においてだけではなく教会全体においてもたらされるものであり、いにしえからの神の約束です。

 リバイバルは2度訪れます。中近東の天候に例えてそれぞれ初めの雨と後の雨と呼ばれており、イエスさまの昇天以降既に先の雨は訪れました。そして、これから起ころうとしているのが後の雨で、世の終わりを前にしたたましいの大収穫です。イエスさまの再臨を迎える準備がなされています。

 この、後の雨に、終末の時代の大リバイバルに、私たちは召し出されました。この恵みの深さ高さ広さは、他に類を見ないものです。そしてリバイバルが起こった際、教会は3通りの反応をすると言われています。1つは、リバイバルが起こっても何も変わらないまま過ぎゆく教会。もう1つは、リバイバルによって豊かな恵みを頂く教会。そして3つ目はリバイバルを取り次ぐ教会です。私たちの教会は、リバイバルが起こった時にリバイバルを担っていく使命に応答しています。それ故許される訓練もまた、他にはない厳しいものがあります。しかし、その厳しさは人知を超えた神のわざが起こる土台となります。

 リバイバルの器として私たちに求められるものは「信仰」です。神さまは私たちを通してなそうとしている計画をお持ちです。ローマ人への手紙418節には「彼は望み得ないときに望みを抱いて信じました」と書かれています。リバイバルにおいて重要なのは信仰です。望み得る状況で信じるのは信仰でありません。誰でもそうしています。しかし、「望み得ないときに望みを抱いて信じ」るには生きた信仰が求められます。そして、この信仰こそ、神が下さるものであり、リバイバルの土台となるものです。

 リバイバルは既に始まっています。死人がよみがえり、悪霊からの解放がなされ、病のいやしが起こりはじめています。いよいよ後の雨の到来です。雨足は今後ますます強くなるでしょう。信仰を堅くし、リバイバルの本戦を迎えましょう。

 「MIKOE NEWSから転載」 2021年4月13日、リンク先:https://www.mikoe-news.com/

2021年4月6日火曜日

光と闇

 教会で私たちは、「イエスは勝利を取られた」と歌い、また説教でもそのことを聞きます。イエスさまの勝利とは一体どういうものであるのでしょうか。聖書によれば、勝利は光と闇に例えられています。ヨハネの福音書には「光はやみの中に輝いている。やみはこれに打ち勝たなかった」(15節)と書かれています。

 光と闇は、対立したものです。互いに相容れるところがありません。たとえどんな暗闇の中にあっても、光が来るなら、たちどころに闇は消え去ります。これが両者の習性で、光は闇を消すほどの強力な力があるのです。

 ヨハネのこのみことば自体もまた強力な力でした。30年ほど前になりますが、父が病に倒れ死線をさまよっていた時、私は真夜中に呼び出しを受けました。死神がいるので祈ってくれというのです。なるほど、その通りです。病室は闇が重く支配しており、父が信仰していた偶像の悪しきものが、あわよくばいのちを取ろうとうごめいていました。

 確かに父は、熱心な偶像礼拝者でした。しかしその時は既にイエスさまを救い主と信じ、回心していました。偶像とは関わりを断っています。そこで、私は前述のヨハネの福音書のことばを、父の横に立って繰り返し宣言し、また朗読したのです。すると、不思議なことが起こりました。霊の名を言い、「光はやみの中に輝いている。闇はこれに打ち勝たなかった」と宣言し立ち去るように命じると、11つ霊が消えて行くのです。そして遂に1つも居なくなりました。

 圧倒的な勝利でした。光が来た時、闇はたちどころに消えたのです。キリスト・イエスの勝利とはこのようなものなのです。戦ってかろうじて勝つようなものではなく、既に勝っていることを確認するなら、直ちにその通りになります。この、闇に対する光の圧倒的な勝利こそ、私たちに与えられている恵みであり特権なのです。

 話は変わりますが、私は暗所・閉所が苦手です。何が苦手かって、それは方向の感覚がつかめないところです。右も左も上も下も闇の中では分からなくなります。一歩先は障害物があるかもしれません。そう思うと足を踏み出せず、立ちどころさえ見失ってしまいます。

 しかし、光が来るなら一変します。闇で見えなかったものが見えるのです。もはやつまずくことも、ぶつかることもありません。問題があってもよけることができます。こういう訳で、光を、イエス・キリストを、あなたのうちにお迎えしましょう。光が照らされてはじめて、すべてのものは白日にさらされます。すべてが見えるようになり、私たちの人生は一変します。光は闇の中に輝いています。これこそ、神が下さった圧倒的な勝利です。 

 「MIKOE NEWSから転載」 2021年4月6日、リンク先:https://www.mikoe-news.com/

2021年3月27日土曜日

0cmのハードル

  ルカの福音書15章は、「放蕩息子のたとえ」として有名な箇所です。ある人に兄と弟がいました。兄は出来が良かったのですが、弟は放蕩息子でした。父に財産の分け前を要求して、得るや否や遠い国に旅立ち、そこで放蕩の限りを尽くして没落してしまいました。そこに大飢饉(ききん)が訪れ、世話をする豚の食べる餌で自分の空腹を満たしたいと願う程、食うに困ったのです。冷静になった弟は、父の所に帰る決意をします。「もう私はあなたの子と呼ばれる資格はありません。雇い人のひとりにしてください」こう言うつもりでした。

 ところが父は、まだ遠かったにもかかわらず、彼を見つけ、走り寄って彼を抱き、口づけをしました。そして、着物を着せ、指輪をはめさせ、靴を履かせました。受け入れてくださったのです。父は肥えた子牛をほふって祝宴を始めました。「この息子は、死んでいたのが生き返り、いなくなっていたのが見つかったのだから」というのがその理由です。

 兄息子は畑に出ていました。家に帰ってきたら祝宴の音がします。いったい何事かと聞いて、弟のために父が祝宴を開いたと知ると、怒って家に入ろうともしませんでした。「私には友だちと楽しめと子山羊一匹下さったことがありません。それなのに遊女におぼれて身代を食いつぶし帰って来たこの息子のためには肥えた子牛をほふらせるのですか」父がなだめても兄は聞く耳を持ちません。

 同じようなことが、マタイの福音書20章に挙げられています。早朝、自分のぶどう園に働きに行く労務者を雇いに行った主人は、一日1デナリの約束をかわして彼らを園に遣りました。その後9時ごろに出かけると、別の人たちが何もしないで市場にいたので、相当のものを挙げるから、と言いぶどう園に送りました。12時ころと3時ころにも同様に雇って園に行かせました。5時に出かけてみると一日中誰も雇ってくれないという人たちがいて、彼らもぶどう園にやりました。

 夕方になり、主人は、最後の人から順に賃金を払ってやりなさいといいます。そこで5時からの人が来てそれぞれ1デナリずつもらいました。最初にぶどう園に来た者たちは、もっと多くもらえると思いましたが彼らも1デナリでした。

 彼らは文句をつけました。しかし主人は「不当なことをしていない。あなたとは1デナリの約束でなかったか。自分の分を取って帰りなさい。私が気前がいいのでねたましく思うのか」と言います。ここには放蕩息子の兄の憤りと共通したものを感じます。

 「MIKOE NEWSから転載」 2021年3月27日、リンク先:https://www.mikoe-news.com/ 

2021年3月20日土曜日

確かな土台

 小さい頃、マタイの福音書7章から取られた子ども讃美歌をお遊戯しながらよく歌いました。それは、それは楽しいものでした。賢い人と愚かな人の歌です。

 歌詞を挙げればこのようになります。「賢い人が岩の上に家を建てた。土砂降りの雨になった。雨が降って洪水になったけど賢い人の家はびくともしなかった」「愚かな人が砂の上に家を建てた。土砂降りの雨になった。雨が降って洪水になったら家はぺしゃんこになった」。

 家を建てるというのは、何らかの働きをするという意味です。地上でのこの人生の中では、誰もが自分の働きを立て上げていきます。ある人は家を岩の上に建て、別の人は砂の上に建てました。その違いは一見するだけでは分かりません。けれども、土砂降りの雨が訪れると、真価が問われるのです。岩に建てた家は洪水が来てもびくともしませんでした。しかし、砂を土台にして建てられた家は倒れ、しかもひどい倒れ方をしました。

 マタイの福音書によれば、これは神のことばを聞いて行う人と、聞いてもそれを行わない人との違いであるといいます。岩とは、神のことばです。神のことばに根を下ろすなら、多少のことがあっても揺るぎがありません。実を結びます。しかし、経験や自分の力などに身を置く時、それを覆すほどの試練や困難が許されると、その土台は砂のように脆く失われてしまいます。神に聞き従う人生と、自分により頼むものとの違いがここに現されています。洪水は、私たちへの試しです。私たちの土台が何であるかはいずれ試されます。しかし、神とその言葉は永遠に変わることがありません。そして救いの岩とはイエス・キリストです。

 讃美歌はこう続きます。「だから、主イエスの上に家を建てよ。さらば神の祝福を得られるだろう。祈りが天に届けば祝福が舞い降りる。だから、主イエスの上に家を建てよ」。

 イエスさまは、神のことばです。損なわれたり朽ちたりすることがありません。ですから私たちの土台を神のことばに、主イエスに置きましょう。そうすれば何が起ころうが案ずるに及びません。主は既に世に打ち勝っておられます。

 「MIKOE NEWSから転載」 2021年3月20日、リンク先:https://www.mikoe-news.com/ 

2021年3月13日土曜日

 信仰と安息

 イスラエルが約束の相続地カナンに着いた時、モーセは諸部族から12人の族長を遣わし、その地を探らせました。そこは肥沃な土地で「乳と蜜が流れています」と彼らに言わしめる程、素晴らしい所でした。けれども、その地に住む民は力強く、町々は城壁を持ち、たくさんの先住民がいました。

 斥候のひとりカレブは、「私たちはぜひとも、上って行って、そこを占領しよう。必ずそれができるから」と言い、信仰によって民を奮い立たせようとしました。ところが、ヨシュアとカレブを除く10名の族長たちは、「私たちはあの民のところに攻め上れない。あの民は私たちより強いから」と悪く言いふらしました。それを聞いて全会衆は大声をあげて叫び、民はその夜、泣き明かしたと言います。

 ただ、ヨシュアとカレブは着物を引き裂いて、会衆に言います。「地は素晴らしく良い地であった。もし、私たちが主の御心にかなえば、それを下さるだろう。主にそむいてはならない。その地の人々を恐れてはならない」と信仰に立つよう勧めます。

 にもかかわらず、民は不信仰でした。2人を石打ちにしようとしたのです。その時、主の栄光が会見の天幕からすべてのイスラエル人に現われました。

 主は、この荒野で私につぶやいた者で20歳以上の者はみな倒れて死ぬ。ヨシュアとカレブ以外は誰もこの地に入ることができない、と宣告されました。カナンの地を探ったのが40日であったので、1日を1年と数え、40年間民は背信の罪を負わなければならない、荒野でひとり残らず死ななければならない、そう語られました。

 不信仰は恐ろしい罪です。万を超える全イスラエルの中で、たった2人ヨシュアとカレブしか信仰に立つ人はいなかったのです。神の目にかなう信仰を持っていたのは僅かこの2人だけでした。

 信仰は、働くと大きな力となります。同様に不信仰もまた、持ち続けると呪いを受けます。信仰は行いとともにはたらくもので、神に聞き従うことがその土台です。

 これらのことが起こったのは、私たちへの戒めであると聖書には書かれています。(コリント人への手紙第一10章参照)また、へブル人への手紙319節には「彼らが安息に入れなかったのは、不信仰のためであったことがわかります」と書かれています。こういう訳で私たちは神の下さる安息に入れるよう不信仰を悔い改め、救いの達成につとめましょう。

 「MIKOE NEWSから転載」 2021年3月13日、リンク先:https://www.mikoe-news.com/

2021年3月4日木曜日

人生の意味

  人生って何だろう。思春期にはこういった疑問を真正面から追求します。私もまたその1人で、18歳の時にイエス・キリストに出会い、救い主として信じ新しく生まれました。

 人生の追求ということにおいては、ピリピ人への手紙312節から、「私は、すでに得たのでもなく、すでに完全にされているのでもありません。ただ捕らえようとして、追求しているのです。そして、それを得るようにとキリスト・イエスが私を捕らえてくださったのです」ということばを頂いて、以来主とともに救いの達成につとめています。

 人生って何でしょうか。学生時代の教授は、『人生に意味などない』という本を出版しました。しかし、私は人生に意味がないとは思えません。私たちの一生は息をして食べることの繰り返しで終わるものではなく、どの人生も意味があり、私たちは誰一人例外なく果たすべき使命があると思っています。

 大学を卒業する時、進路をどうするべきか迷いました。就職か進学かという二択に悩みました。でもこれに関しては、はっきりとした神さまからのことばがありました。

 ヨハネの福音書627節の「なくなる食物のためではなく、いつまでも保ち、永遠のいのちに至る食物のために働きなさい」ということばがそれです。永遠のいのちに至る食物ということばから、福音宣教の働きに就くことが神のみこころだと知りました。

 マタイの福音書44節には「人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる」と書かれています。人生は、パンすなわち食物を満たすことで終始するものでなく、神の口から出る一つ一つのことばによって成るのです。

 私たちの人生は、食べてなくなる食物のためにあるのではなく、神のみこころを行うことにあるのです。皆さんには例外なく使命があります。神が備えてくださった人生があるのです。私たちの一生は、食べて寝るだけのものではありません。意味があります。それゆえあなたもまた、朽ちるものではなく永遠のいのちに至る食物のために働き、そして生きて参りましょう。

 「MIKOE NEWSから転載」 2021年3月4日、リンク先:https://www.mikoe-news.com/

2021年2月25日木曜日

水上歩行

  世界で一番美しい風景に、ガリラヤ湖を挙げたいと思います。何度かイスラエルを訪ねましたが、その波打ちぎわで祈るといつも深いご臨在につつまれます。そして、この湖を歩いて渡った主イエスのことを思うのです。

 マタイの福音書15章に、それらのことが書かれています(2233)。5千人の給食という奇跡を行われたイエスさまは、弟子たちを舟に乗せて先に向こう岸に行かせ、集会を解散させてしまわれました。そして、祈るために、ひとりで山に登られました。

 一方、弟子たちの舟は既に陸から何キロメートルも離れていて、向かい風のため大荒れでした。夜中の三時ごろ、イエスさまは湖の上を歩いて、弟子たちのところに行かれました。弟子たちは、「幽霊だ」といっておびえてしまい、恐ろしさのあまり叫び声を上げました。イエスさまは、「しっかりしなさい。わたしだ。恐れることはない」と言われました。

 すると、ペテロは「主よ。もし、あなたでしたら、私に、水の上を歩いてここまで来い、とお命じになってください」と言いました。イエスさまは「来なさい」と言ってくださいました。そこで、ぺテロは舟から出て、水の上を歩いてイエスのほうに行きました。奇跡が起こったのです。

 ところがペテロは、風を見ると、こわくなり、沈みかけたので叫び出し、「主よ。助けてください」と言いました。イエスさまはすぐに手を伸ばして、彼をつかみ、「信仰の薄い人だな。なぜ疑うのか」と語られました。

 ペテロがイエスさまを見ている限りは、ペテロに水上を歩くという奇跡が起こりました。ところが、イエスとそのことばから目がそれた途端、彼は波を見て、現実を見て、沈みかけたのです。

 信仰は、奇跡を生じさせる土台です。そして、信仰は現状に打ち勝ちます。不可能を可能とさせるのもまた、信仰によります。目で見るところによるのではなく、神のことばに立つなら、奇跡は起こります。

 ペテロは、「来なさい」と語ってくださったお方をもっと信じるべきでした。彼は恐れに翻弄されてしまいイエスさまから、神のことばから目を離してしまいました。これが、失敗の理由です。神のことばは信仰の土台です。一心にこれを求め、神のみわざと栄光を見てゆきましょう。

MIKOE NEWSから転載」 2021年2月25日、リンク先:https://www.mikoe-news.com/