2020年10月10日土曜日

 罪の赦し

 マタイの福音書18章は、赦しのことを取り上げていることでよく知られています。

  いつものことですが、主イエスの弟子のペテロは、イエスさまに良い所を見せたいと思ったのでしょう。こういう質問をイエスにしました。「主よ。兄弟が私に対して罪を犯したばあい、何度まで赦すべきでしょうか。7度まででしょうか」7度というのはペテロにとってかなり譲歩したつもりの回数です。

 イエスさまは、それに対して「七度までなどとはわたしは言いません。七度を七十倍するまでと言います」とおっしゃいました。勿論これは490回赦しなさい、という意味ではなく、徹底して、幾度であっても、赦しなさいと語っておられるのです。

 赦しはキリスト教の根幹をなす教えです。この赦しの教えがどこから始まったかというとやはり、イエスさまの十字架上でのおことばからでしょう。十字架にかけられ罪人の一人として数えられたイエスさまは、み苦しみの中にあっても、私たちをとりなしておられました。34節では「父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです」と、十字架の上から祈られています。責めることもなく、裁くこともなく、私たちを赦し、愛を示されました。

 人を赦すということはとても難しいことだと思います。個人的な思いですが、赦しを思うと、いつもドミノ倒しが脳裏に浮かんできます。「連鎖」ということを考えるのです。ドミノでは誰かが第一番目のドミノを倒すなら、あとはもう誰も止められないほどの早さで事は一気に展開します。

 赦しというものもまた、ドミノ倒しのようだと私は思います。全体を動かす最初の1手がありさえすれば、あとは一気に進んで行きます。そして最初の1手となったのが、イエスさまの赦しです。十字架の愛です。イエスさまの十字架の死は、私たちを赦すために支払われた尊い贖いの代価です。

 赦された人は、赦す人になることができます。イエスさまが私たちを赦してくださったからこそ、私たちもまたキリストの愛によって、赦す力を頂くことができるのです。

   マタイによる福音書6章にはこう書かれています。「もし人の罪を赦すなら、あなたがたの天の父もあなたがたを赦してくださいます。しかし、人を赦さないなら、あなたがたの父もあなたがたの罪をお赦しになりません」(1415節)

 人は、人を救う力を持ち合わせていません。でも、イエスさまは神の御子ですから、それを持っておられます。そして、イエスさまが十字架にかかって死なれたのは、ただ一度、ご自身の身を代価として、私たちの罪を永遠に贖うためであったのです。イエスさまは、死なれて後3日目に復活されました。贖いはここに完成しました。

 こういう訳で、イエスさまがあなたのすべての罪を赦されたのですから、私たちもまた、互いに罪を赦し合いましょう。それでは、まずあなたから始めましょう。主が赦されたのですから、私たちもまた、私たちに負い目のある人を赦しましょう。

MIKOE NEWSから転載」 2020年10月10日、リンク先:https://www.mikoe-news.com/

2020年9月22日火曜日

 耳のある者・目を覚ましている者

 黙示録23章は、普遍的な7つの教会に対する神のことばが語られており、それぞれ最後に「耳のある者は(御霊が諸教会に言われることを)聞きなさい」という一文で締めくくられています。耳のある者とは誰でしょう。 

 私たちの体は、神さまがおつくりになったもので、11つの器官が調和をもって重要な働きを担っています。特に顔はその傾向が著しく、目、耳、鼻、口は、あらゆるものを認識し、情報を発信するようにつくられています。その中で、特に今回は「耳」や「目」を取り上げたいと思います。 

 若者は、イヤホンをつけて歩きながら音楽を聴くのが好きです。しかし、そうなれば、呼んでも聞こえません。耳が悪いのではなく、心が音楽に向いているからです。 

 聞く耳が無い。聞く耳を持たない。これは、本当に聴覚を失くしたというのではなく、おもに心が神から離れてしまった心の状態を言います。いくら神が素晴らしい計画を持っておられても、当人の心がそこにないなら、何の意味もありません。耳と心は密接な関係にあり、つながっています。 

 それ故、イエスさまは、聞く力に応じて、群衆と弟子たちとを区別されました。一般の群衆には「たとえ」を用いて教えられました。しかし、弟子たちにはその「ときあかし」をされたのです。そしてここでも、「耳のある者は聞きなさい」と言い、ご自身のことばを心で悟るかどうかを、私たちに任されました。 

 また、目に関しても、イエスさまは何度も「目を覚ましていなさい」と語ってくださっています。ゲッセマネでの祈りの時に、イエスさまは、苦しみもだえて祈り、汗が血のしずくのように地に落ちました。この一大事に弟子たちといえば、悲しみの果てに、眠り込んでしまっていました。「なぜ、眠っているのか。起きて、誘惑に陥らないように祈っていなさい」とイエスさまにお叱りを受けたと記されています。(ルカの福音書22章参照)目は素晴らしい器官ですが、眠りやすいのです。 

 同福音書1315節には次のような引用があります。 

 「あなたがたは確かに聞きはするが、決して悟らない。確かに見てはいるが、決してわからない。この民の心は鈍くなり、その耳は遠く、目はつぶっているからである。それは、彼らがその目で見、その耳で聞き、その心で悟って立ち返り、わたしにいやされることのないためである」。 

 耳は聞くため、目は見るための器官です。大切なのは、心、すなわち悟りです。心が主から離れると、いのちである言葉を聞けませんし、盲目になってしまいます。それ故私たちはあらゆる場面で悟る心を働かせていきましょう。そして、イエスさまのいやしを受け、永遠のいのちを受けましょう。これこそ、主があなたに与えようとしているものだからです。

 MIKOE NEWSから転載」 2020年9月22日、リンク先:https://www.mikoe-news.com/

2020年9月14日月曜日

 いやされる信仰

 信仰といやしは密接な関係にあります。 

 使徒の働き14章に、パウロとバルナバがルステラで、福音の宣教を続けていた時のことが書かれています。そこでは、生まれつき足のなえた人、歩いたことが無い人が、パウロの話に耳を傾けていた様子が書かれています。 

 パウロはこの人に目を留め、いやされる信仰があるのを見て取ると、大声で「自分の足で、まっすぐに立ちなさい」といいました。すると、彼は飛び上がって歩き出しました。 

 また、マルコの福音書5章では、十二年の間長血をわずらっている女性がいやされています。この女性は多くの医者からひどい目に会わされ、自分の持ち物をみな使い果たしてしまったのに何のかいもなく、かえって悪くなる一方でした。 

 彼女は、イエスの事を耳にすると「お着物にさわることでもできれば、きっと直る」とかたく信じて、群衆の押し迫る中、後ろからイエスの着物にさわりました。するとすぐに、血の源がかれて、ひどい痛みが直ったことを体に感じました。 

 イエスさまも、ご自分のうちから力が外に出て行ったことに気づいて「だれがわたしの着物にさわったのですか」と言われました。 

 女性は恐れおののき、自分の身に起こったことを知り、イエスの前に出てひれ伏して真実を余すことなく打ち明けました。イエスさまは、「娘よ。あなたの信仰があなたを直したのです。安心して帰りなさい。病気にかからず、すこやかでいなさい」と言ってくださいました。 

 特筆すべきなのは、両者ともにいやされる信仰があったということです。あのイエスさまなら、きっと自分をいやしてくださる、そう信じる信仰が彼らにはあったのです。そして、その信仰はむなしく終わることなく、彼らの想像をはるかに超えたいやしと奇跡をもたらしました。 

 ペテロの手紙第一26節には「彼に信頼する者は、決して失望させられることがない」と書かれています。彼とはイエスさまです。あなたもまた、信仰の海に漕ぎ出して、神さまのいやしと恵みを頂きましょう。神さまはどのようなことでもおできになり、あなたをいやしてくださいます。

 MIKOE NEWSから転載」 2020年9月14日、リンク先:https://www.mikoe-news.com/ 

2020年9月3日木曜日

 神の『ものさし』

 人はそれぞれ持っている物が異なっており、その才能も能力も11人異なります。神さまは主権をもって11人に測ってタラント(能力)を与えてくださいました。マタイの福音書25章では、タラントについて次のように書かれています。 

 彼(神)は、おのおのその能力に応じて、ひとりには5タラント、ひとりには2タラント、もうひとりには1タラントを渡し、旅に出かけた。5タラント預かった者は、すぐに行って、それで商売をして、さらに5タラントもうけた。同様に、2タラント預かった者も、さらに2タラントもうけた。ところが、1タラント預かった者は、出て行くと、地を掘って、その主人の金を隠した(1518節)。 

 私たち互いの間では、与えられた能力の多い少ないという違いは確かにあります。しかし、聖書はもうけたものの多い少ないを問うている訳ではないのです。主人はこう言っています。「よくやった。良い忠実なしもべだ。あなたは、わずかな物に忠実だったから、私はあなたにたくさんの物を任せよう。主人の喜びをともに喜んでくれ」(2123節)。 

 忠実さ、これが神の尺度、神の唯一の「ものさし」なのです。これに照らし合わせて私たちは評価を受けるのです。 

 1タラントを預かったしもべは、それを地の中に隠してこう言いました。「ご主人さま。あなたは、蒔かない所から刈り取り、散らさない所から集めるひどい方だとわかっていました。私はこわくなり、出て行って、あなたの1タラントを地の中に隠しておきました。さあどうぞ、これがあなたの物です」(2425節)。 

 この言葉は主人の逆鱗に触れました。主人はこう言います。「悪いなまけ者のしもべだ。(中略)おまえはその私の金を、銀行に預けておくべきだった。そうすれば私は帰って来たときに、利息が付いて返してもらえたのだ。(略)だから、そのタラントを彼から取り上げて、それを10タラント持っている者にやりなさい」。 

 人それぞれ、能力によって結ぶ実は異なります。そして人は結んだ実の多い少ないを「ものさし」として、私たちを測ります。それが世なのです。しかし、神はそうではありません。神が私たちを測る「ものさし」は、あくまでも忠実さなのです。結果でも実の大小でもありません。 

 ルカの福音書にはこのように書かれています。「小さい事に忠実な人は、大きい事にも忠実であり、小さい事に不忠実な人は、大きいことにも不忠実です。ですから、あなたがたが不正の富に忠実でなかったら、だれがあなたがたに、まことの富を任せるでしょう」(161011節)。後の世においても忠実さは、神の尺度、神の「ものさし」であるようです。私たちは、与えられているものに忠実でありましょう。

 MIKOE NEWSから転載」 2020年9月3日、リンク先:https://www.mikoe-news.com/ 

2020年8月30日日曜日

 仕える者になりなさい

 最近、藤井聡太棋聖の活躍が、あちこちで聞かれます。しかしそこで繰り広げられているのはまさに勝負です。勝負の世界は厳しいものです。誰が上で誰が下か、ということが明確にされるのが勝負だからです。勝ち負けというのは、人生の至る所で私たちが直面するもので、そこから逃れ得る人は一人もいません。 

 イエスの12弟子の中に、ゼベダイの子、ヤコブとヨハネの兄弟がいます。二人は、母親とともにイエスのもとにやって来て、お願いをしました。「あなたの栄光の座で、ひとりを先生の右に、ひとりを左にすわらせてください」というものです。 

 これにはイエスさまもあきれたようです。「あなたがたは、わたしの飲もうとする杯を飲み、わたしの受けようとするバプテスマを受けることができますか」と言いました。2人は「できます」と答えました。確かに、後の日にはヤコブは殉教の死を遂げ、ヨハネはパトモスへ島流しにされます。しかし、「わたしの右と左にすわることは、私が許すことではありません。それに備えられた人々があるのです」とイエスさまは語られました。他の10人もこれを聞くと腹を立てました。彼らも言わないだけで、考えていることは同じだったのでしょう。 

 上に行き上に立って益を得ようという野望、これが人にはあります。お前は私にとって上か下かと区別をつけて生きること、これは、無意識になされているねたみの生き方です。競争が起こるのも結局は上か下かを区別するためです。 

 「鶏口牛後」という言葉があります。「鶏口となるも牛後となるなかれ」というのがその意味するところで、大きな団体で部下になっているよりも(牛後)、小さい団体でもかしらになった方がいい(鶏口)、という考え方です。これには賛否両論があるでしょう。 

 かしらになりたいものは大勢います。上から目線であなたに語ってくるでしょう。でも、イエスさまはお弟子たちを集めてこう言われました。「あなたがたの間で偉くなりたいと思う者は、みなに仕える者になりなさい。あなたがたの間で人の先に立ちたいと思う者は、みなのしもべになりなさい」(マルコの福音書104344節)。 

 これは、世には愚かに聞こえる教えです。しかし、ここに解放があり勝利があります。仕えられるより、仕えることをキリストイエスは推奨されました。私たちもまたイエスさまに倣いましょう。

 MIKOE NEWSから転載」 2020年8月30日、リンク先:https://www.mikoe-news.com/ 

2020年8月22日土曜日

 失うことは得ることです

 聖書の福音書には、それぞれ次のようなイエスさまのことばが引用されています。「自分のいのちを救おうと思う者は、それを失い、わたしのために自分のいのちを失う者は、それを救うのです」(ルカの福音書924節)というものです。 

 これはイエスさまが得意とする逆説的な表現で、究極的には殉教のことを指すことばとして読むことができます。世において、自分に死んで自分中心にではなく神さまを中心に生きる時、私たちは祝福されます。神に聞き従う人生がいかに祝福されるかを、イエスさまはこの箇所から伝えようとしておられるのです。 

 さて、世界的なピアニストとして活躍しておられる辻井伸行氏は、つとに有名で、多くの人の心に触れる演奏をします。彼は、ここでこの音をといった瞬間、痒い所に手が届くように、まさにその音を正しく出してくれます。多くの人が素晴らしいと絶賛してやまない天与の才があります。 

 その辻井さんは、生まれながら目が見えないという障がいを抱えておられます。しかしその演奏にはハンディなど微塵も感じさせません。むしろ、優れた資質が露わにされています。確かに辻井さんは眼が不自由です。でも、見えるところ以上の心の眼を確立されており、それを最大限に用いて演奏をなされるのです。辻井さんの人生には神の栄光を見る思いがします。目が見えないことは、彼にとって、失ったこと以上に、得ることが大きいものとなったのではないかと私は思います。 

 殉教も同様です。私たちは肉の命こそ失いますが、神が下さる永遠のいのちに与ります。神にささげたものは幾倍にもなって戻ってきます。一見失うように見えますが、神はさらにすぐれたものを備えておられるのです。殉教には殉教の報いがあります。 

 以前は、私は失うことはその時点で終わりだと思っていました。しかし、そうではありませんでした。私たちの人生には、失うことによって、得るものがあります。また、得させるためにあえて、失わせるものもあります。そしてどの道においても、神はすべてのことを働かせて益としてくださいます。これこそ私たちの確信です。 

 こういう訳で、私たちは神に知られているのですから、恐れることはありません。すべてのことを感謝し、イエスキリストを信じましょう。

 MIKOE NEWSから転載」 2020年8月22日、リンク先:https://www.mikoe-news.com/ 

2020年8月12日水曜日

「イエスが愛された者たち~サマリヤの女篇」

 イスラエルは、12部族を擁する民族です。ところが、ソロモンの子ヤロブアムの代に、北王国10部族と南ユダ2部族に分れてしまいます。そして、紀元前721年、北王国イスラエルの首都であるサマリヤはアッシリヤに占領され、多くの住民が捕囚となり引いて行かれました。その後、新しくサマリヤに移住してきた他民族がいて、その人たちとの間に雑婚が起こり、混血民族となり民族の血統が失われてゆきました。それに対してユダヤ人は人種的純粋性を守り通しました。それゆえユダヤ人はサマリヤ人を蔑視し、両者の間には根深い対立と反目がありました。 

 ユダヤからガリラヤへ行く時はサマリヤを通るのが近道です。けれども多くのユダヤ人は、それを避け、あえてヨルダン渓谷の厳しい道を通って行きました。しかしイエスさまは「サマリヤを通っていかなければならなかった」と聖書が記しているように、まっすぐに顔をサマリヤへ向けておられました。深いお考えがあったのでしょう。 

 昼の12時頃、イエスさまはスカルというサマリヤの町に着き、井戸のかたわらで旅の疲れをいやしておられました。すると、1人のサマリヤ人の女が水をくみに来ました。イエスさまがこの女に、水を飲ませてくださいと所望すると、女は驚き、「あなたはユダヤ人なのに、どうしてサマリヤの女の私に、飲み水をお求めになるのですか」と言いました。ユダヤ人は雑婚のサマリヤ人を軽蔑しつきあいをしなかったからです。 

 イエスさまは、女にこのようなことを言います。「この水を飲む者はだれでも、また渇きます。しかし、わたしが与える水を飲む者はだれでも、決して渇くことがありません。わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠のいのちへの水がわき出ます」女は、「その水を私に下さい」といいました。 

 すると、イエスさまは、「行って、あなたの夫をここに呼んで来なさい」と言います。女は「私には夫はありません」と言いました。「もっともです。あなたには夫が5人あったが、今あなたといっしょにいるのは、あなたの夫ではないからです。あなたが言ったことはほんとうです」イエスさまはこうおっしゃいました。 

 5人の夫を持ちまた別れ、今は内縁の夫と暮らしている女の素性をイエスさまは言い当てました。驚きのあまり女は、水がめを置いて町に急ぎ、民に言いました。「来て、見てください。私のしたこと全部を私に言ったひとがいるのです。この方がキリストなのでしょうか」。 

 こうして、彼女を通して大勢のサマリヤ人がイエスに出会い、イエスが世の救い主・キリストだと信じるに至りました。 

 女は、罪深い女でした。人がいない炎天下を選んで水くみをしているのは彼女に社会的な負い目があるからです。それがイエスに会うと一変し、自ら苦手な民の所に行き、イエスを紹介しました。主イエスはこの女に届くためにあえてサマリヤに来られたのです。イエスさまは裁きません。この女を愛し憐れんで、永遠のいのちへの水を与えたいと思われたのです。そして女だけではなく、ユダヤ人にさげすまれている雑婚のサマリヤもまた、愛し救おうとされたのです。 

 人は罪人です。しかし聖書には「罪に惑わされてかたくならないようにしなさい」(へブル人への手紙3章13節)という一節があります。イエスさまが来られたのは、裁くためではなく、赦し救うためです。罪人を愛された主、イエスはこう呼ばれることを良しとされました。多く赦される者は多く愛する者となるからです。

 MIKOE NEWSから転載」 2020年8月12日、リンク先:https://www.mikoe-news.com/