2019年9月4日水曜日

一粒の麦

 ヨハネの福音書1224節に「一粒の麦がもし地に落ちて死ななければ、それは一つのままです。しかし、もし死ねば、豊かな実を結びます」という聖句があります。哲学的で、含蓄の深いことばです。けれども、一粒の麦として死ぬということがどういうことなのか今一つ、よく分かりませんでした。
 23
節でイエスさまは「人の子が栄光を受けるその時が来ました」と語っておられます。栄光とは、イエスさまが十字架にかかられ死なれる時がやってきた、ということで、ここでいう一粒の麦とは、直接的にはイエスさまのことを指しています。イエスさまがわたしたちの罪の身代わりとなって、死ぬことが無ければ、ただ一人の死で終わります。しかし、もし神のご計画の内に十字架で死ねば、そのみ苦しみの末に豊かな救いの実を見ることができる、というのです。
 また、25節にはこう書かれています。「自分のいのちを愛する者はそれを失い、この世でそのいのちを憎む者はそれを保って永遠のいのちに至るのです」これも24節と同様に逆説的な表現です。いのちを憎むことが、いのちを得ることに繫がるというのです。
 自分のいのちを愛するのは私たちの肉です。時にその肉のいのちを憎むほどまでして神に従ってゆくことが求められます。自分のいのちを自分のものとせずに福音のためにいのちを捨てるなら、かえってそれを得るようになります。この聖句は、殉教への招きのみことばでもあるのです。
 この世のいのち以上に大切なものがあります。それは永遠のいのちであり、天の報いです。あなたもキリストに従い通して、一粒の麦として地に蒔かれるなら、そこから確かに大収穫がもたらされ、報いとして天の宝を受けるでしょう。共にキリストに従いましょう。(イスラエル北野)

み声新聞2019年9月8日号(第1058号)より転載—

2019年8月28日水曜日

世界で一番強いもの

 女は弱しされど母は強し。これはよく聞く名言で、子を持つ母は、子を守るためには考えられないような強さを発揮するといいます。以前、夫不在の中で台風の直撃を受けた時、暴風でガラスの窓がしなり、今にも割れそうになりました。そこで、押し入れを開け、1歳の娘を寝かせ、台風が去るまで一晩中起きて娘を守りました。自分のうちにこんな強さがあるなんて初めて体験しました。
 愛は、自分を犠牲にすることをものともしません。神は愛であり、愛とはイエスキリストの十字架です。私たちは生まれながらの罪人であり、行き着くところは死と滅びです。それをあわれんで父なる神は、時を定めてご自身のひとり子なるイエスさまを世に与えてくださいました。
 誰でもイエスキリストを信じるなら、サタンの支配から解放され、神の支配に移されます。イエスさまの死は、私たちを生かすために支払われた尊い贖いの代価です。死に定められている私たちを神は愛し、惜しんでくださったのです。
 ローマ人への手紙8章32節に「私たちすべてのために、ご自分の御子をさえ惜しまずに死にわたされた方が、どうして、御子といっしょにすべてのものを、私たちに恵んでくださらないことがありましょう」と書かれています。父なる神さまにとって、御子より大切なものはありません。その御子を下さったということは全てのものを下さったということに等しいのです。
 さらに聖書は「高さも、深さも、そのほかのどんな被造物も、私たちの主キリスト・イエスにある神の愛から、私たちを引き離すことはできません」(39節)と続きます。世界で一番強いもの、それは、私たちを愛する神の愛です。
 あなたもまた、イエスさまを信じてこの愛に留まりましょう。(イスラエル北野)

み声新聞2019年9月1日号(第1057号)より転載—

2019年8月21日水曜日

長血の女の信仰

 イエスさまが、会堂管理者であるヤイロの娘をいやしに行く途中、多くの群衆が、イエスに押し迫っていました。その中に1人の女がいました。彼女は、12年の間長血を患っていました。恐らく婦人科系の難治性の病であろうと言われています。聖書の語るところでは、彼女は多くの医者からひどいめに遭わされて、自分の持ち物をみな使い果たしてしまったが、何のかいもなく、かえって悪くなる一方だったといいます。
 彼女にとってイエスさまは最後の希望でした。医師に恵まれず、お金も底をつき、残された唯一の頼みがイエスさまでした。人々が語っているこの方なら私を救ってくださる、そうだ、お着物にさわることでもできれば、きっと直る。いつしかそれは彼女の信仰となっていったのです。
 そして、ついに群衆の中に紛れ込み、女は後ろから、イエスの着物に触りました。すると、すぐに血の源がかれて、ひどい痛みが直ったことを、からだに感じました。
 イエスさまも、すぐに、自分のうちから力が外に出て行ったことに気づいて「だれがわたしの着物にさわったのですか」と言われました。そして、それをした人を知ろうとして見回しておられました。
 女は恐れおののき、自分の身に起こった事を知り、イエスの前に出てひれ伏し、イエスに真実をあますところなく打ち明けました。するとイエスさまはこう言いました。「娘よ。あなたの信仰があなたを直したのです。安心して帰りなさい。病気にかからず、すこやかでいなさい」(ルカの福音書5章34節)
 お着物に触ることでもできればきっと直る、そう信じた彼女の信仰はイエスさまからいやしを引き出しました。私たちもイエスさまを信じ、また従いましょう。イエスさまへの信頼は、裏切られることがありません。(イスラエル北野)

み声新聞2019年8月25日号(第1056号)より転載—

2019年8月14日水曜日

できるものなら

 人の親となることは何て難しいことでしょう。たとえ世間が子を見捨ても、親はやすやすと子を見捨てることができません。それが親というものなら、その愛には本当に頭が下がります。
 マルコの福音書9章に、おしの霊に憑かれた息子を持つ父親が登場します。霊が子に憑りつくと、ところかまわずその子を押し倒し、泡を吹き歯ぎしりして体をこわばらせてしまいます。父親はイエスさまの弟子たちに、霊を追い出しくれるよう願いましたが、お弟子たちにはできませんでした。
 そこで、イエスさまのもとにその子を連れていくと、イエスさまは父親に「この子がこんなになってから、どれくらいになりますか」と尋ねられました。父親は言いました。「幼い時からです。この霊はこの子を滅ぼそうとして、何度も火の中や水の中に投げ込みました。ただ、もし、おできになるものなら、私たちをあわれんで、お助けください」。
 するとイエスさまは「できるものなら、というのか。信じる者には、どんなことでもできるのです」と直ちに父親を一喝されました。これを聞くと父親は、叫びました。「信じます。不信仰な私をお助けください」。
 お父さんを責めることはできません。長年、できることはみな行ったでしょう。それでも好転しなかったのです。あきらめが先に立つ父親の心の屈折をイエスさまはよくご存じでした。またご自身が働かれるには信仰が必要であることもです。それゆえ父親の心から不信仰を払拭(ふっしょく)するため、イエスさまは声を上げられたのです。「できるものなら、というのか」と。
 できるのです。イエスさまはどんなことでもできますし、また、なしてくださいます。これを確信としてイエスさまに期待するなら、奇跡の御手(みて)が現されます。
(イスラエル北野)

み声新聞2019年8月18日号(第1055号)より転載—

2019年8月7日水曜日

世代交代

 イスラエルの民は、モーセに従って出エジプトしました。神がイスラエルに与えられた約束の地カナンに入るまで、荒野で40年間さまよいました。本当はもっと早くカナンへ入るはずでした。
 最初、彼らがカナンを目前にした時、モーセは族長たちを遣わし、その地を偵察させました。40日がたって彼らは帰って来て報告します。「そこにはまことに乳と蜜が流れています。しかし、その地に住む民は力強く、その町々は城壁を持ち、非常に大きくアナクの子孫を見ました」
 確かにそこは最高の地でした。しかしカナンには先住民族がいて、戦っても勝てないと彼らは言ったので、会衆は大声をあげて泣き明かしたと書かれています。ただヨシュアとカレブだけは彼らと違い「神はカナンの地を私たちに下さる」と語り民を説得しようとしました。
 イスラエル人のつぶやき不信仰は、神の知るところとなり、神は次のように宣告されました。(民数記14章参照)
 「この荒野であなたがたは死体となって倒れる。わたしにつぶやいた者で、二十歳以上の登録され数えられた者たちはみな倒れて死ぬ。(29節)さらわれてしまうと、あなたがたが言ったあなたがたの子どもたちを、わたしは導き入れよう(31節)しかし、あなたがたは死体となってこの荒野に倒れなければならない」(33節)
 ここに厳粛に、世代交代が宣言されました。カナンの斥候に費やした四十日を、一日を1年と数えて、四十年の間に親世代は全員荒野で死に絶えてしまいます。代わって彼らの子世代の者たちがカナンの地に入り、神との契約を継承しました。
 聖書は、世代ということを重く見ています。新しい時代には新しい世代が用いられます。私たちは、私たちのなすべきことに忠実でありましょう。(イスラエル北野)

み声新聞2019年8月11日号(第1054号)より転載—

2019年7月31日水曜日

忠実さ

 神の働きのために私たちに求められるのは忠実さです。ルカによる福音書16章には次のように書かれています。
 「小さい事に忠実な人は、大きい事にも忠実であり、小さい事に不忠実な人は、大きい事にも不忠実です」(10節)
 以前、ある祈りの器がこの箇所から説教しました。日々の小さな祈りの積み上げがないなら、いざ大きな事が起こった時、それを祈りにもってゆくことは難しい。小さな事を祈れないで、突然大きなことを祈ることは困難だというのです。
 また聖書はこう続きます。「あなたがたが不正の富に忠実でなかったら、だれがあなたがたに、まことの富を任せるでしょう」(11節)
 私たちは、後に相続するようになる神の国のものに忠実であるかどうかを、この世にあってさまざまな事で試されているようです。
 さらに、マタイの福音書25章にも興味深い記述があります。ある人が、旅に出るのでしもべたちを呼び、おのおのの能力に応じて5タラント、2タラント、1タラントを渡しました。やがて主人が帰って来た時、5タラント預かった者は、商売をして5タラントをもうけ、2タラントの者も2タラントをもうけました。主人は「よくやった。良い忠実なしもべだ。あなたは、わずかな物に忠実だったから、私はあなたにたくさんの物を任せよう。主人の喜びをともに喜んでくれ」と祝福されました。
 しかし、1タラントを預かった者は「私はこわくなりあなたの1タラントを地の中に隠しておきました」と語り、主人の怒りを買いました。ここでも、小さな事に忠実であることの教えが書かれています。
 与えられた小さなものに忠実であるところ、神の称賛と栄誉が与えられます。ただ、忠実であるよう、祈り求めて歩みましょう。(イスラエル北野)

み声新聞2019年8月4日号(第1053号)より転載—

2019年7月24日水曜日

金持ちは幸せか?

 聖書の福音書に、富める若人として知られる1人の役人が登場します。
 この人はイエスさまに「何をしたら永遠のいのちを受けることができますか」と問うた人です。
 イエスさまが律法を守ることを語ると、彼は「そのようなことはみな、小さい時から守っております」と答えました。イエスさまは彼を見つめ、いつくしんで言いました。「あなたには、まだ一つだけ欠けたものがあります。あなたの持ち物を全部売り払い、貧しい人々に分けてやりなさい。そのうえで、わたしについて来なさい」
 これを聞いて、彼は、悲しみながら立ち去りました。大変な金持ちだったからである、と聖書は記しています(ルカの福音書182123節)。
 私の知り合いにもお金持ちがいます。その人はお金があるのに貧しい生活を好み、極端にまでお金を使うことを嫌います。お金は一見、万能のように見え、お金を持つことが人生の勝利だと信じているのです。
 しかし、本当にそうでしょうか。イエスさまは、その後、エリコに住むザアカイの家に行きました。彼もまた大変な金持ちです。取税人の頭で皆の嫌われものでしたが意に介することなく、お金を追求する人生を送っていました。
 しかし、イエスさまが彼の所に来られたことによって彼は一変します。宴たけなわになった時、彼は、イエスさまに「主よ。財産の半分を貧しい人たちに施します。だましとった物は四倍にして返します」と宣言しました(同19章1~10節)。
 もしお金が本当に彼の心を満たしていたなら、このような変化は起こらないでしょう。イエスさまと出会ったことによってザアカイの心のよりどころは、お金からイエスへ移りました。
 彼は、本当に心を満たすキリストの愛に出会ったのです。お金では得られないもの、それはキリストイエスの愛ではないでしょうか。(イスラエル北野)

み声新聞2019年7月28日号(第1052号)より転載—