2019年2月6日水曜日

ライト(光)

 あと2年で私は、父が召天した年齢になります。父が結んだ実は多岐多様で、私など及ぶべくもない波乱万丈の人生でした。
 その日、父はゴルフ場で吐血しました。食道静脈瘤(りゅう)破裂です。病院に入院し、バルーンを調整して止血を図り、何とか一命を取り留めました。
 ヨハネの福音書1章に「光はやみの中に輝いている。やみはこれに打ち勝たなかった」(5節)という一文があります。これは、強力なみことばで、父の枕元に立ってこの聖句をゆっくりと朗読すると、父を取り巻いているあしきものが一つ一つ消えて行きました。この聖句は、キリストの勝利のことばでもあり、このみことばを用いるにあたって神さまの勝利がどれほど大きいかを知るようになりました。
 聖書に触れる機会が少ない日本人は、無意識のうちに、神さまとサタンを同列に見ようとする傾向があります。けれども、それは誤りです。神さまとサタンでは、光と暗闇ほどの違いがあります。光と闇は別物で、決して両者が交わることはありません。神は全能者で、サタンは被造物なのです。どんなに深い闇であっても、そこに光が置かれるなら、たちまちにして闇は消失します。両者にはこれほどの違いがあるのです。
 ヨハネの手紙第一には「神は光であって、神のうちには暗いところが少しもない」(1章5節)と書かれており、ここでも光の絶対的な勝利が記されています。イエスさまご自身もまた、こう語っておられます。「わたしは、世の光です。わたしに従う者は、決してやみの中を歩むことがなく、いのちの光を持つのです」(ヨハネの福音書8章12節)
 今は、救いの時です。「あなたがたがに光がある間に、光の子どもとなるために、光を信じなさい」(ヨハネの福音書1236節)(イスラエル北野)

み声新聞2019年2月10日号(第1028号)より転載—