2020年2月12日水曜日

 

 詩篇27篇でダビデは次のような言葉を残しています。「私は一つのことを主に願った。私はそれを求めている。私のいのちの日の限り、主の家に住むことを。主の麗しさを仰ぎ見、その宮で、思いにふける、そのために」(4節)というもので、同感です。
 主は麗しくまた慕わしくて、知れば知るほどいつまでも主のみそばにいたいと思います。これはただ一つの願いであって、これが答えられるなら、あとはもう何もいらないと私も思います。それほど主と主の家は素晴らしいのです。
 クリスチャン用語の一つに「臨在」という語があります。ここに神がおられるという特別な臨みかけの中に置かれることを言います。振り返れば、人生の中で、大切な事が起こる際には必ず強いご臨在が現されていました。臨在の中で私たちは神と交わることができるのです。
 米国ロサンゼルスにオンザウエイ教会という教会があります。教会の開拓当初、私たちはそこのプレイヤーチャペルによく祈り込みに行きました。そこは特別な所で、ある日、四隅に天使が降り立ち、一面に霧のようなものが立ちこめるということが起きました。それを境に人々が救われ始め、教会は成長していきました。霧のようなものはご臨在であったと言われています。
 ただそこにいるだけで、恵みが注がれていました。広く受容されていること、深く愛されていること、そして何よりもたましいのやすらぎがありました。目には見えませんが見えること以上に父なる神さまは近づいてくださいました。
 神のご臨在、これに勝る喜びはこの世にはありません。神さまは最高の祝福を与えてくださいました。詩篇1611節にもこう書かれています。「あなたの御前には喜びが満ち、あなたの右には、楽しみがとこしえにあります」
(イスラエル北野)


み声新聞2019年2月16日号(第1081号)より転載—

2020年2月5日水曜日

悔い改め

 韓国のチョー・ヨンギ牧師は祈祷院に、自分専用の祈りの穴を持っているといいます。日曜の礼拝に備えて祈り込まれるそうですが、そこにはひときわ大きく「悔い改め・悔い改め・悔い改め」という文字が書かれているそうです。これにはちょっと驚きました。悔い改めることは、神との関係において非常に重要なことであるとチョー牧師はご存じなのです。
 イザヤ書59章にこんな一文があります。「見よ。主の御手が短くて救えないのではない。その耳が遠くて、聞こえないのではない。あなたがたの咎(とが)が、あなたがたと、あなたがたの神との仕切りとなり、あなたがたの罪が御顔を隠させ、聞いてくださらないようにしたのだ」(1、2節)
 私たちは、誰一人例外なく罪びとです。それに引き換え神は創造主であり、聖なるお方です。両者には隔たりがあり、聖俗決して交わることはできません。それ故、神は御子イエスを遣わしてくださり、イエスの十字架の贖(あがな)いによってご自身と世を和解させてくださいました。これが私たちを救う福音のことばです。
 イエス・キリストを信じる者は、神の子とされ、今や全てのものが与えられています。とはいえ、私たちは肉なるものであり、日々犯す罪があります。罪咎が神との間の仕切りとなるのは前述の通りです。チョー牧師が、祈りの穴で、悔い改めの文字を見つつ求めたものはこの戦いであったのです。
 悔い改めは、私たちと神との関係を正しくします。ヨハネの手紙第一1章9節には「もし、私たちが自分の罪を言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます」と書かれています。どのような罪も言い表し、捨てるなら、神は全てを赦し、望外の祝福さえも与えてくださるのです。
(イスラエル北野)

み声新聞2019年2月9日号(第1080号)より転載—